みぞれ酒

なるべく濃醇なタイプの酒かワインタイプの酒が適しています。
食前酒や清涼感あふれる真夏の酒としてぴったりです( '∇^*)^☆

作り方〜☆
用意するもの
 ・純米吟醸 アルミ缶または紙パック
  (紙パックのときは時間が倍になることに注意)
 ・冷蔵庫用温度計1個
 ・キッチンタイマー
 ・デキャンタ
  ↑つまり、
  ガラスの容器。容量が350CCほどのもの。ガラスボウル可
 ・グラス(小ぶりの冷酒用グラスが中身が見えてよい)
 ・グラス お猪口より少々大きめのガラスのものが、中が見えるので     ベター。

1.冷蔵庫と冷凍庫の温度を測ります。
冷蔵庫は5度、冷凍庫はマイナス20度ならOK。
そうでなければ調節します。

2.まずは「純米吟醸アルミ缶」を、
一昼夜(24時間)冷蔵庫に入れて5℃くらいに冷します。

3.次に、アルミ缶の中蓋をはずしたあとポリの外蓋をきちっとして
冷凍庫に移し1時間半待ちます。(キッチンタイマーの出番♪)
このとき、デキャンタとグラスも冷凍庫で同じく
1時間半冷やしておくのを忘れない様にお願いします(・。- )ノ~・゜★,。・:*:

4.1時間半たったら、缶とデキャンタを取り出して、
アルミ缶のポリ蓋をとってちょっと高いところ(20〜30センチ)から冷えたデキャンタに注ぎます♪

5.すると不思議!
冷えたデキャンタにぶつかるショックにより、みるみる内に、
液体のお酒がみぞれ状に変化して、「みぞれ酒」の出来上がり!
家庭用冷蔵庫は庫内の温度がかなり変動するようです。
ここでは一例として温度設定を紹介しましたが、
ご使用の環境や冷蔵庫に合わせて、
それぞれ最適条件の設定をお願いしまね♪

6.グラスに移して、「みぞれ酒」を目で舌で味わう!!!
※紙パックのお酒で作るときには、冷蔵庫に入れる時間は丸2日、冷凍庫に入れる時間は2時間に変更。


【日本酒の変わった飲み方の最新記事】
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。